スリムビューティーハウスの基本施術−カッピングA

スリムビューティーハウスで人気の「カッピング」。この施術は体に「効く」だけでなく、体の状態を「知る」ことも出来ます。


スリムビューティーハウスの痩身エステで行われる施術の中に「カッピング」と呼ばれる技術があります。このカッピング、カップのような道具で体のスリムポイントを吸引していくものなのですが、カッピングの跡の状態から、その人が今どのような体の状態であるかを測ることもできます。


体の状態を知ることができるのですから、その結果がどう変化していくのかを見ていくことは、スリムビューティーハウスで痩身エステを受けることによって自分の体がどう変わっているのか、どのような効果があらわれているか知ることも可能、ということですね。


では、カッピングの跡の何を見て何がわかるのでしょう?
カッピング後、チェックするのはその色の変化。そもそもカッピング「跡」が残ること自体が、血液が汚れている証です。
きれいな血液の状態ならばカッピングしていてもさらさらと流れてしまい、皮下に残ることはありません。すなわち「跡」自体が残らないのです。一方、血液が汚れている状態だと、鮮やかな赤だったり黒っぽい赤だったり、ひどい場合にはどこかにぶつけてうっ血した様なくらい紫色にまで変色してしまいます。


これらの変化はすべて、血液の汚れが原因。「気」の流れや、血液の流れが悪いから起こるものです。こういった部分は体の機能や代謝の力が弱っている状態といえます。
もちろんこういった場所が多ければ多いほど「不健康」であり、「太りやすい」体になってしまっている、ということ。この状態を改善していくことこそが、スリムビューティーハウスでの痩身エステの役割なのです。
スリムビューティーハウスの痩身エステでカッピングなどの施術を受けるにつれて最初は紫の跡がついていた人も、最後には全く跡の残らない外も中も「美しい」体に生まれ変わることが出来るのです。

※こちらの情報は2008年3月現在の情報となっております。