エルセーヌのボディケア−サロンでの「施術」B遠赤外線ドーム

エルセーヌのボディケアでは遠赤外線ドームというマシーンが用いられます。これは身体を温め、代謝機能を活発にして痩せやすい身体にすることが目的です。


エルセーヌでは、やせるために重要な四点のうちの一つに血行や代謝の促進を挙げています。
つまりそれは、「血行や代謝が悪ければ太る」ということ。
「太る」というのは何も食べ過ぎて過剰になった脂肪が蓄積する、ということだけで起こる現象ではありません。血行不良や代謝の低下により、人の体は「脂肪を蓄積しやすい」、「太りやすい」体になってしまうのです。


エルセーヌでそんな血行不良を改善するために用いられるのが、「遠赤外線ドーム」と呼ばれるマシーンです。
これはやせにくい原因となる血行不良に対し効果てき面!
遠赤外線と、ミラクルストーンのマイナスイオンが相乗効果で働き、血行を促進させるのです。これにより、「痩せやすい」体にし、やせるための下準備をするというわけですね。


遠赤外線ドームではじっくりと体を温めることが重要になります。15〜20分の間顔だけ出した状態でドームに入り、上部の遠赤外線、下部の岩盤のサンドイッチされている状況になります。
これでサウナに入っているのと同じような状態で発汗作用を促します。発汗作用が働く、というのは代謝が働いている証。同時に、やせるために重要な血行も促進されるのです。


ドームに入っている間は、ただボーっとしているのではなく、ダイエットにまつわる、エルセーヌ独自の映像を鑑賞することになります。身動き取れない状態の合間をぬって視覚的にもダイエット効果を得よう、という訳ですね。


※こちらの情報は2008年3月現在の情報となっております。