エルセーヌのボディケア−食事指導Aタイミング

エルセーヌでは食事をとるタイミングについても指導を行っています。朝・昼・夜で食事量のバランスをうまくとっていくことも「痩身」においては重要なのです。


「痩せる」食事をするとき、大事なのは何でしょうか?
食べる量、栄養素、カロリー、などなどいろいろと考えられると思います。これらの他にも、食事をとる「タイミング」が重要であることをエルセーヌの食事指導では教えてくれます。


食事をとる「タイミング」といってもどういうことかわかりにくいかもしれません。そこで、エルセーヌではどういうタイミングで何を食べればよいのかをしっかりと指導。それに従った食事のとり方をすると、見事に「痩身」につながるのです。


一日の始まりである朝は活動していくためのエネルギーが必要となります。そこで朝は炭水化物やビタミンを中心にした、バランスの良い食事が求められます。

社会人の場合、昼食は外食になりがちです。ここで注意したいのが、外食であっても必ず野菜類を取り入れること。外食になるとどうしても野菜が不足してしまいます。コンビニ弁当などで昼を済ませる人も、野菜サラダとおにぎりにするなど、昼食では野菜を積極的にとるよう心がけましょう。

夕食は、「あとは寝るだけ」の状態ですので、摂取しなければならないカロリーは本来朝・昼よりも少なめでなくてはなりません。夕食はどうしても他の二食に比べて豪勢になりがちですが、高タンパク低カロリーにして量も減らすようにしましょう。


食事量のバランスは朝5:昼3:夜2が理想的ですが、いきなり夕食を極端に減らしたり朝食を増やしたりするのは難しいもの。最初は朝4:昼3:夕食3、もしくは朝3:昼4:夕3から始めると良いでしょう。こういった食事の基本理念を、エルセーヌの食事指導ではきちんと教えてくれるのです。

※こちらの情報は2008年3月現在の情報となっております。